ご門徒様へ | 浄土真宗・真宗大谷派お東の龍善寺

ご門徒様へ

ご門徒様へのお知らせ・行事案内ご門徒様へのお知らせ・行事案内

アーカイブ

定例行事

  1. 報恩講
    毎年11月4日
  2. 永代経
    毎年5月4日
  3. 法話会
    隔月1回、偶数月第2火曜日午後
  4. 旅行会
    年1回
2018年6月13日
次回法話会(2018年8月7日(火))のお知らせ~この回は第1火曜日となっております~

2018年8月7日(火)
■午後1時より 勤行練習 (希望者のみ)
(勤行本(赤本or子どもおつとめ本正信偈or増補版勤行集)をお持ち下さい、お持ちになられなかった方には貸し出します)
■午後1時半より 法話(横須賀市長願寺 御住職 海 法龍(かい ほうりゅう)師)
題:「親鸞聖人和讃に学ぶ」(資料は、当日配布いたします。また、赤本よりも和讃が多く載っている増補版勤行集をお持ちでない方には、差し上げております。)
■午後3時より茶話会(希望者のみ)午後4時頃終了予定です。

*太子講を納めておられる方は、参加費無料。 その他の方には、お志をお願いしております。
*念珠をお持ちください。(お持ちの方は、肩衣も)
現在、海 先生にお越しいただき、親鸞聖人の和讃についてお話しいただいています。
いつもお勤めいただいている和讃に込められている願いにつきお話しいただいております。

現在、現世利益和讃をお話しいただいております。
「南無阿弥陀仏を称えれば~」で始まる和讃です。
わたしは、この和讃は、お念仏称えればこういうご利益がいただけるという意味ではないと思っております。
それでは、どういう意味なのでしょうか。
ぜひ、その意味を聞きにお越しください。

ぜひ、お越しください。
次回も最初は、前回来られなかった方への振り返りから入ります。初めて来られても大丈夫です。
また、和讃は1句ごと独立しておりますので、今後、途中からご参加いただいても大丈夫です。
お気軽にご参加下さい。

横須賀市長願寺ご住職:海 法龍師にご講師をお願いいたしております。
海先生は、現在、東京地区で一番多くの法話会でお話しされている先生です。
ぜひ、海先生の分かりやすい法話を聞きにいらして下さい。

なお、先般、本山より「毎日法語Ⅲ」が、発行されました。
お勤めの後に、また、毎日法語を読ませていただいております。
お越しいただい方には、差し上げますので、ぜひ、ご参加ください。

今後の法話会の予定
2018年10月 9日(火)午後1時からになります。
2018年12月10日(月)午後1時からになります。(海先生のご都合により月曜日となっております。)
2019年 2月12日(火)午後1時からになります。

一覧ページに戻る

ページのトップへ戻る